クラウドセキュリティー の遂行

技術データを保護することは最優先事項です。当社は、データセンター、ソフトウェアプラットフォーム、および日々のビジネスオペレーションなど、Rescaleエコシステム内のすべてのコンポーネントのセキュリティーと障害回復機能へ多大な投資を行っています。それによって当社は、ユーザーエクスペリエンスのあらゆる段階にわたって、セキュリティーとデータ保護のための最も厳格な業界標準に準拠しています。

エキスパートとチャット

入り口

全ユーザーへの、安全なアクセスとログイン

認証

パスワード複雑度とユーザー情報の確認

SSL暗号化

クライアント側で256bit AESの暗号化

データ保護

データのバックアップと保存データの暗号化

クラスターの隠匿

ファイアウォールで隔離されたクラスターで実行

クラウド・シミュレーションにおけるセキュリティー・リーダーシップ

これらは、セキュリティーへの取り組みについての主な見識です。詳細についてはお問い合わせください。 security@rescale.com または1-855-RESCALE (1-855-737-2253)

対応している主要なセキュリティーコンプライアンス

Service Organization Controls (SOC) 2, Type2 証明

SOC 2レポート は、内部統制基準に対して評価する検証報告書で、 アメリカ公認会計士協会 (AICPA) 信託サービス原則によって定められたものです。.これらの原則は、Rescaleなどのサービス組織に適用されるセキュリティー、可用性、処理の完全性、機密性、およびプライバシーに関連する主要な業務管理を定義します。このレポートは、業界標準に基づいてRescaleのセキュリティにさらなる透明性を提供し、顧客データ保護に対する当社のコミットメントをさらに示したものです。

国際武器規制(ITAR)に準拠

Rescaleは、 米国武器規制(ITAR) を遵守しています。Rescaleの航空業界の顧客は、保護されたデータ人へのアクセスを米国人に制限し、そのデータの物理的な位置を米国に限定することによって意図しない輸出を管理しなければなりません。Rescaleはパートナーと協力して、米国内に物理的に配置されたエンドツーエンドの環境を提供し、アクセスを米国人に限定し、条件を満たした企業がITARの制限に従って保護された項目やデータを送信、処理、保管することができます。

クラウドセキュリティアライアンス (CSA) 登録

2011年に、クラウドセキュリティアライアンス (CSA) は、 STARを開始しました。これは、クラウドプロバイダー内のセキュリティへの実践の透明性を促進するためのイニシアチブです。The CSA Security, Trust & Assurance Registry(STAR) は、数多くのクラウドベースの組織の統制計画に関する情報を公開するレジストリです。この開放されたレジストリによって、顧客は、契約することを検討しているクラウドプロバイダーのセキュリティを評価することができます。お客様にセキュリティに関する情報をできるだけ多く提供するために、RescaleはCSA コンセンサス評価イニシアティブアンケート(CAIQ)を記入しています。

HIPAA

1996年に制定された、米国における医療保険の相互運用性と説明責任に関する法令 (HIPAA) は、医療と生物医学のプロジェクトのために特に重要な、保護された医療情報(PHI)のセキュリティとプライバシーを保証します。Rescaleは、2017年以降 HIPAA認証を達成しました。特定地域における適用範囲と詳細については、当社へコンタクトしてください。

Rescaleのセキュリティー対策の詳細については、お問い合わせください

エキスパートとチャット