ソリューション: デジタルツイン

真に先進的な製品開発のためには、将来の物理的構成要素とその現実世界の振る舞いを理解しておく必要があります。ScaleXプラットフォームを利用することで、エンジニアは開発プロセスの早い段階でこのような理解を得ることができます。

デモを予約する

忠実度の高い設計空間探査と、実行

旅客機の窓の外にある機体の詳細に入り組んだデザインを眺めてみた事を思い出してみてください。すべての小さなリベット、繋ぎ目、フラップの機構は組み合わさって設計され、完全に調和しています。それは、スムーズで、全体で完結しています。あなたが眺めた数分間分の設計要素は、観察可能な細部と、機体表面の下にある他の無数の要素に対して、エンジニアやコンピュータのシミュレーションが注いだ数千時間分と思われる成果によるものです。

1970年代後半から1980年代初頭のエンジニアは、実際の構成部品の電子レプリカに頼っていました。それは、彼らにペンと紙による2Dの世界から離れ、仮想世界での自由を与えるものでした。これは、設計プロセスのサイジングと合成のステップが大幅に加速されました。それ以来、そのプロセスはより速くなっており、もしくは、設計の詳細度がさらに高くなっています。…たいていは両方同時に。

現在、エンジニアはこれらのレプリカ (またはデジタル・ツイン) に依存しており、製品要件、部品設計、製造プロセスのほぼすべての部分を今日の市場で理解することができます。これは、仮想世界と現実世界の橋渡しをしており、最終結果の精度と品質を向上させるために注意深いデータを活用しています。

Rescaleでは、これらの徹底したモデリングとシミュレーションを行うために、エンジニアの本質的なニーズを理解しています。

Rescale ScaleXプラットフォームを使用すると、ユーザーは

「分析する習慣を身につけよう。この分析によってやがて、合成(演繹的推理)があなたの習慣となります」

フランク・ロイド・ライト

業界をリードする企業がクラウドを取り入れるメリットを評価しています

Rescaleの活躍を見てみませんか?

デモを予約する お問い合わせ